税金の時効 税金には時効があります。税金の時効には、もらえる場合の時効と、しはらう場合の時効があります。もらえる税金というのは、還付金のことですが、還付金の申請をわすれていたという場合の時効は、3年と言うことになっています。還付してもらえる税金があった時は、修正申告書と言うものを税務署に提出する事になります。例えば2006年に払って還付してもらえる税金があったのに、申告するのを忘れていたという場合には、二〇一〇年の四月15日までに、申告すれば、還付してもらえます。それ以降は期限切れと言うことになり、税金の還付はないでしょう。 では逆に税金を支払う場合に、支払わなかった場合の時効はあるのかと言うこともについてですが、納税しなければいけなかった場合には、期限を過ぎてから3年以内という点もになっています。収入の25%以上申告していなかった人の時効は6年という事になっているのです。もしも税金を申告する必要があったのに、申告していなかった場合には脱税と言うことになり、これに時効は無いでしょう。また嘘の申告をした場合にも税金の時効はないので注意した方がいいのです。 自分は税金を申告する必要はなかったと思っていて、過ごしていた時に、何年後かに、税金をしはらう請求の手紙が来る場合などには、時効はないですよねので納税しなければいけません。タックスリターンをしていれば、時効が成立行うことになりますから、少額の場合でも申告してくださいね。この様に、税金には、時効があるため、納税期限とともに確認しておいて下さいー